日常のACIM 2

自分の思考形態を変えていくという面では、自分と向き合う自学自習ですが一人では達成することができないというのも、コースの面白さの一つです。

___こんな話があります。___

とあるヒマラヤの山奥で修行した聖者と認められた方がいました。
その聖者は、アメリカに渡り日常生活と人々とのコミュニケーションの中で、心が乱れ、心の平安を保てなくなり、心の平安を取り戻すべく、助けを求めた先は、ACIM(奇跡講座・奇跡のコース )をイエスより受け取ったヘレン・シャックマン氏でした。
この聖者は、毎日毎晩ヘレン氏に電話をし、助けを求め、ACIM を学び神の教師となり、また分かち合いを通して、ACIMの教師の一人となりました。
_______________

ACIMは、 「本当の自分」に戻るための道標です。
それはとてもシンプルで、その中に「真実」があります。

物珍しいものの中ではなく、ありふれたものの中にある。
ACIM は「あなたは正しくありたいのか、それとも幸せでありたいのか」 と述べています。

わたしは、この言葉から、心を見つめ「幸せであること」を選びたいと望みます。
私たちが選ぶものとは、とてもシンプルな選択肢でしかないということと、そして、いつか必ず選ぶことになる答えがあるということを常に覚えていたいです。

私たちは、生と死・自分と他人・善と悪・美しいと醜いなど、わかれた二元の世界に住んでいます。
ACIMの語る「純粋な非二元」の世界を頭だけで理解しようとしても、行き詰まってしまいます。
日常の中で、 ACIMの言葉を超えて伝えられてくる真実を実感していくと、少しづつ体験を通して納得していきます。

ACIMを学んでいくと、パラドックス(逆説)に囚われている心を知っていくことも興味深い一つです。
純粋な非二元の世界を知る過程は、とても複雑で困難なものに感じますが、理解が深まるにつれ、とてもシンプルだとわかります。

とても面白い学びです。